治療内容

 当院の基本的な方針 

健康的なライフスタイルを生涯にわたって維持するには、「正しい食事」、「正しい睡眠」と同じように、「身体のケア」と「適度な運動」が欠かせません。

 当院では、「治療」と「運動」の2つの方向から、地域の皆様の健康的なライフスタイルを末永くサポートいたします。

 

治療について(詳細は院内掲示の治療法や料金一覧参考)

治療目的において一般診療3種類と、特別診療2種類に大きく分類されています。

 一般診療①一般的な整骨院で行う、いわゆる患部の調整だけになります。特別に希望される方のみの診療となります。

一般診療②:原因が打撲や捻挫等であると明らかな場合に、そのケガの手当を行います。

一般診療③・特別診療①・特別診療②原因が不明な症状に対して、患部の調整だけではなく、原因部位や患部に負担を掛けている部位などの全身のバランスを調整し、根本的な改善を目指します。

*一般診療③について

特別診療①や特別診療②を一般診療向けに改良したものです。治療頻度を上げ、治療期間を掛ける事によって初めて成り立ちます。目安として特別診療①や特別診療②の1回の治療は、一般診療③の4~5回分の治療に相当するとお考えください。

 

運動について(詳細は院内掲示のRICMCトレーニング参考)

1つの筋肉には白い速筋と、赤い遅筋の2種類の筋肉が混じり合っています。

                  日常生活(ウオーキングなどを含む)では、ほぼ遅筋だけ使い、速筋を使いません。そのため速筋は衰える一方です。

                  速筋が衰えると、筋肉が痩せ力が衰てきます。当院のトレーニングは、マンツーマン方式で毛細血管と、速筋の両方をを鍛えます。

                  特許の加圧式のトレーニングにより、ジムなどで行うレーニングの3~4分の1程度の時間で効果が出る仕組みになっています。

                症状改善後の、予防維持として、また健康的な生活を目的として、とても効果的で意義のある位置づけとなります。

 

  1.検 査 内 容

  ・一般検査:整形学・神経学検査、可動域検査、筋力検査、カイロプラクティック検査。

  ・特別検査:体に様々な特定の刺激を与えることで、脳がその刺激に反応し、無意識に筋肉の緊張がおこります。足の筋肉を使い、筋肉の緊張反応を検査することで、治療に必要な様情報が得られます。

 

         整形学検査

       

       アクティベータ検査

     

       PS1000周波数検査

      

        神経筋反射検査